ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故現場

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故現場

<笹子トンネル>8日復旧に疑問と不安の声も

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故現場には、路面が削られた跡が残る。開通で事故の痕跡が消える=山梨県大月市で2013年2月3日、木葉健二撮影

 8日に全面復旧する山梨県の中央自動車道笹子(ささご)トンネル。事故原因の究明を待たず開通することに、事故の遺族からは「同じ悲しみを繰り返さないでほしい」との声が漏れた。一方、ダメージを受けていた観光産業の関係者は胸をなで下ろした。【山口香織、片平知宏、春増翔太】

 山梨大工学部の鈴木猛康教授(防災工学)も「本当に安全か検証できておらず、今後の維持管理や点検方法も具体化されていない」と疑問を呈する。「通れないのは不便だが、今はその不便さを受け入れるべきではないか。安全の確証が得られなければ不安は拭えない」と強調する。