ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

つり下げ式天井板のトンネル

つり下げ式天井板のトンネル

危ないトンネル全国に49本 天井崩落「笹子」と同様式

 危ないトンネルが49本−。中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故で、山梨県警は4日、業務上過失致死傷容疑で中日本高速道路本社(名古屋市)など数カ所を家宅捜索した。未曾有のトンネル事故は刑事事件に発展したが、同様のリスクをはらむトンネルが全国に点在する実態もみえてきた。

 山梨県大月市と甲州市にまたがる笹子の上り線で起きた大惨事。コンクリート製の天井板が約130メートルにわたって落下し、走行中の車が下敷きになって9人が死亡した。トンネルは1977年の開通以来、天井部分の大規模な改修工事をしていなかった。

 中日本は、換気ダクトの一部を構成している天井板を支えるつり金具のボルトやコンクリート、その間の接着剤の劣化を事故原因として示唆。国土交通省は、同様の方式を採用しているトンネルが、全国の有料道路と国道に37カ所、計49本(笹子上り線を含む)あることを明らかにした。

 内訳は、高速道路が28カ所、計40本で国道は9カ所、計9本。

 国交省は、すでにトンネルを管理する高速道路5社などに笹子上り線を除く48本の緊急点検を指示。一般道のトンネルも把握を進め、点検指示などの対応を決める。