22日夜起きた最大震度6弱の地震で大きな被害が出た長野県白馬村や小谷(おたり)村、長野市など長野県北部。同県の調べで30棟が全壊、最も大きな住宅被害となった白馬村は24日、安倍晋三首相も視察し、厳冬を前に対策が急がれています。(写真はいずれも24日に白馬村で撮影) 「危険」の張り紙  被害が目立つ白馬村神城(かみしろ)地区ではこの日、家財道具を運び出したり、壊れた家の前で親類などに連絡をとる人の姿が目立ちました。住居部分がつぶれて屋根だけになったり、斜めに傾いた住宅や倉庫。東日本大震災の教訓から、一見大きな被害がなさそうな住宅にも専門家の判定による「危険」の張り紙が早くも貼られ、注意を促しています。  自宅の2階に母親と居て地震に遭ったという同地区の女性会社員(50)は、「最初の揺れが来て、これは大きな地震だと思って階下に降りようとしたら停電した。近所で人の叫び声が聞こえ、私もなんとか逃げようと窓から外に出た。気が付いたら家がつぶれていた。母親は無事でした」と話していました。    この女性宅の母屋の北側にある別棟の倉庫の建物が斜めに傾いたまま、被災後2日たつこの日も目の前で「ギシ、ギシ」と音を出しています。「いつつぶれるか分からない。近くにも寄れない」と女性は不安の表情でした。