震災被災者の「心のケア」議論

 「災害後の心のケア」をテーマにしたシンポジウムで発言する「9・11家族会」のリー・イエルピ会長=21日午後、福島市の福島県立医大

 「災害後の心のケア」をテーマにしたシンポジウムが21日、福島市の福島県立医大で開かれ、米中枢同時テロの遺族ら約90人が、東日本大震災の被災者支援について話し合った。テロで消防士の息子を亡くした9・11家族会のリー・イエルピ会長は「昨日起きたことを覚えていることで、明日をより良く生きられる。過去を忘れてしまっては苦しみしか残らない」と語り、亡くなった人たちをしのぶ記念館をつくった経験を語った。