「みやこ秋まつり」のステージでスコップを三味線に見立てパフォーマンスをする、グランプリに選ばれた佐々木日和さん(右)=15日午後、岩手県宮古市

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県宮古市で15日、市をPRする「復興むすめ」3人が選ばれた。グランプリに輝いた女性は「笑顔で宮古を元気にしたい」と意気込んでいる。宮古駅前に設置された「みやこ秋まつり」のステージに、インターネット投票で選抜された5人が登場。「ふるさとが好き。ずっと宮古に住んでいる」「粘り強い宮古の血が流れている」とアピール。審査員や客席による投票で復興むすめを選出。