祭りばやしと太鼓の音をとどろかせて練り歩く提灯の山車=福島県二本松市で2012年10月4日、丸山博撮影

 福島県二本松市の伝統行事「二本松の提灯(ちょうちん)祭り」が4日始まり、2000個を超す提灯の明かりが秋の夜空にともった。宵祭りのこの日は、提灯を掲げた太鼓台と呼ばれる山車7台が練り歩いた。

 原発事故の影響もあった昨年の来場者数は12万人で、前年の3分の2だった。祭りは6日まで。問い合わせは二本松市観光課(0243・55・5122)。【丸山博】