記念写真に納まる新人フラガールたち(1日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズで)

 福島県いわき市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」で1日、新人フラガール7人がデビューした。

 初舞台となった夜の部では、上演された24曲中、10曲で先輩フラガール約30人とともに登場。緊張しながらも笑顔を振りまき、華やかなダンスを披露した。

 7人は18、19歳で、今年4月、フラガールを養成する常磐音楽舞踊学院に49期生として入学。4か月間、フラダンスやポリネシアンダンスなどの猛練習を重ねてきた。

 新人の一人、いわき市出身の女性(18)は、高校時代からフラサークル部員として仮設住宅などを50回以上慰問し、ダンスで被災者を楽しませてきた。「私たちが踊ることで少しでも復興の力になれれば。先輩たちのような立派なダンサーになって、たくさんの人に笑顔を届けたい」と決意を語った。