高台などへ避難する車で渋滞した道路。海の方面へ向かう車両は少ない=宮城県石巻市大橋地区で2012年12月7日午後6時4分、須藤唯哉撮影 ※画像の一部を処理しています。

 今月7日午後5時18分に起きた三陸沖を震源とするマグニチュード7.4の地震。宮城県沿岸には東日本大震災から間もない昨年4月以来1年8カ月ぶりに津波警報が発令され、少なくとも約2万6000人が避難、交通集中で渋滞が発生した。今回最も高い1メートルの津波が来た宮城県石巻市で、市民に車で逃げた理由を尋ねると「避難生活の必需品だから」という答えが返ってきた。【池田知広、須藤唯哉】