「相馬野馬追」の「野馬懸」で、相馬小高神社の境内へ馬を追い込む騎馬武者=29日午前、福島県南相馬市

 福島県の伝統行事「相馬野馬追」は29日、最終日の神事「野馬懸」が、相馬小高神社(南相馬市小高区)で行われた。騎馬武者が馬3頭を神社の境内に追い込み、白装束の男たちが素手で捕らえて、うち1頭を神前に奉納した。相馬小高神社は、東京電力福島第1原発事故による旧警戒区域で、今も日中しか滞在できないが、多くの地元住民や観光客が訪れた。