【超党派の国会議員が靖国参拝】超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーらが秋季例大祭にあわせ靖国神社に参拝した。右から3人目は尾辻秀久会長、右から4人目は次世代の党の平沼赳夫党首=17日午前、東京・九(写真:産経新聞)

 安倍晋三首相は東京・九段北の靖国神社で17日に始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。同神社が明らかにした。

 首相は11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、日中首脳会談実現を目指す方針で、20日までの例大祭期間中の参拝は見送る方向だ。

 伊吹文明衆院議長、山崎正昭参院議長、塩崎恭久厚生労働相も17日、真榊を奉納した。

 一方、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参院議員)の110人は17日午前、同神社に参拝した。

 自民党や民主党、次世代の党、維新の党、みんなの党などの議員が参拝。自民党からは新藤義孝前総務相のほか、議会間交流で12日より訪中していた逢沢一郎衆院議院運営委員長らが参拝した。衆院議員80人、参院議員30人が参拝。政府では、小里泰弘環境副大臣と赤池誠章文部科学政務官が参拝した。