東京工業大原子炉工学研究所と「再生舎」が開発した、トラックで運べる汚染水処理装置=18日午前、東京都目黒区の東京工業大

 東京電力福島第1原発事故を受け、放射性物質の除染作業に役立てようと、東京工業大原子炉工学研究所とNPO法人「再生舎」(さいたま市)はトラックで運べる汚染水処理装置を開発した。18日、実証試験を公開した。建物や道路の除染では、水を使って放射性物質を洗い流す際に出る汚染水の処理が課題。従来の装置は大型で、現場に持ち込むことは困難だった。6月から福島県南相馬市で実際の除染作業に使用、性能を確認する。