福島第1原発3号機の原子炉建屋1階で排水口に向かって流れる水=18日(東京電力提供)  東京電力は18日、福島第1原発3号機の原子炉建屋1階の床面を水が約30センチの幅で流れ、付近の排水口に落ち続けているのが見つかったと発表した。がれき撤去作業をするロボットに備え付けられたカメラの映像で確認した。  第1原発1~3号機では、溶け落ちた燃料を冷やすため原子炉内に冷却水の注入を続けているが、格納容器の損傷部分などから漏れているとみられている。東電は、今回見つかった水が、漏れた冷却水の一部の可能性があるとみて調べている。  東電によると、水が見つかったのは、建屋1階の東側にある「主蒸気隔離弁室」と呼ばれる部屋の扉付近。