原子力規制庁を訪れ、汚染水漏れなどについて説明する東京電力の広瀬直己社長=4日午前、東京都港区

 東京電力福島第1原発で汚染水漏れが相次いでいる事態を受け、原子力規制庁は4日、東電の広瀬直己社長を呼び、池田克彦長官が現場での汚染水の管理徹底を指示し、対策を整理して文書で回答するよう求めた。汚染水漏れをめぐり、規制庁が広瀬社長を呼んで直接指示するのは初めて。また池田長官は、再稼働の前提となる審査を原子力規制委員会に申請した柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理ができるかどうか、考えを示すよう求めた。