贈呈記念式典で披露されたモアイ像=25日午前、宮城県南三陸町

 東日本大震災からの復興を願い、チリから宮城県南三陸町に贈られたモアイ像の贈呈記念式典が25日、町内の仮設商店街で開かれた。イースター島の石を使ったモアイ像は、高さ約3メートル、重さ約2トン。昨年12月に東京に到着、東京や大阪での展示を経て、今月16日に南三陸町の商店街に設置された。南三陸町は1960年のチリ地震の津波でも被災。チリから友好の証しとして91年にモアイ像を贈られたが、今回の津波で損壊。