完成した「津波避難タワー」=藤沢市の県立湘南海岸公園

海水浴客らが津波から逃れるための施設となる県内初の津波避難タワーが藤沢市の県立湘南海岸公園西側に完成し、1日に完成披露式が開かれた。

タワーは海岸に面した標高約7・5メートルの敷地に立地。鉄骨造りの櫓(やぐら)形式で、最上部のステージの標高は12・5メートル。県の試算によると、藤沢地区の最大波は10・7メートルとされ、タワーは約2メートルの余裕を持つことになる。