原子力規制委員会の定例会合で報告する島崎邦彦委員長代理(右)。左は田中俊一委員長=12日午前、東京都港区

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は12日、定例会合を開き、島崎邦彦委員長代理が日本原子力発電敦賀原発(福井県)の敷地内の断層が活断層である可能性が高いとの現地調査団の見解を報告した。これを受け、田中氏は島崎氏に「日本原電が調査を継続すると言っているので、新たなデータが出てきたら有識者で検討してほしい」と要請。また田中氏は「早急に報告書をまとめてもらい、委員会としての判断を検討したい」と述べた。