2011年2月、ニュージーランド地震で倒壊し、日本人28人が犠牲になったCTVビル=クライストチャーチ(共同)

 【クライストチャーチ共同】昨年2月のニュージーランド地震で日本人28人を含む115人が死亡したビルの倒壊原因をめぐり、ニュージーランド政府は10日、独立調査機関「王立委員会」がまとめた最終調査報告書を公表した。報告書はビルの設計上の欠陥や、地元当局による建設許可審査における不備など複数の要因を指摘した。王立委の報告書公表により、最も大きな被害を招いたビル倒壊の原因究明は節目を迎える。