自民党の石破茂前政調会長(写真:夕刊フジ)

 最新の週刊文春(6月21日号)が、民主党の小沢一郎元代表を支え続けた和子夫人が、支援者に送ったとされる手紙を「小沢一郎 妻からの『離縁状』」として全文公開したことは、永田町に大きな衝撃を与えた。小沢氏や被災地と縁がある野党議員が、衝撃報道について語った。

 自民党の石破茂前政調会長は、新進党時代に小沢氏と行動をともにした。それだけに、文春の記事を興味深く読み、政治家として看過できない問題点を見つけた。

 石破氏は「隠し子、愛人などはプライベートなことでコメントすべきではない。政治家として問われるのは『本当に放射能が怖くて岩手に行かなかったのか、または逃げたのか』の1点に尽きる。もしそうなら、実にまずい」と話した。