亡くなった吉田昌郎福島第一原発前所長の「お別れ会」と「告別の会」が行われた祭壇=23日、東京都港区の青山葬儀所(寺河内美奈撮影)(写真:産経新聞)

 東京電力福島第1原発事故の収束作業を陣頭指揮し、7月9日に食道がんのため58歳で死去した元所長の吉田昌郎氏のお別れの会が23日、東京都港区の青山葬儀所で開かれた。

 弔辞を述べた広瀬直己社長は、事故当時の懸命な現場指揮に感謝の言葉を述べ、「電力マンの誇りと責任、人間としての勇気を学んだ。吉田さんが守ろうとした福島の人々を末永く見守ってほしい」と述べた。 白や青の5千本の花で飾られた祭壇には、東電の青い作業服姿でほほ笑む遺影があった。大阪府出身で、熱心な阪神タイガースファンだった吉田氏が愛用したメガホンや、サングラスが置かれていた。

 お別れの会には親族や友人、東電関係者らが出席、続いて政府関係者や一般を対象とした告別の会が開かれ献花。いずれも東電の主催で、喪主は妻、洋子(ようこ)さん。