真っ赤に色付いたリンゴを収穫する農家の油井茂さん=福島市で2012年11月13日、森田剛史撮影

 福島市の果樹園「ユーアイ農園」で、真っ赤に色付いた福島県産リンゴの主力品種「ふじ」の収穫が最盛期を迎えている。秋以降の好天に恵まれ、糖度も上々だ。

 樹皮の洗浄など除染に努めた結果、放射性物質の検査では基準値(1キロ当たり100ベクレル)を大幅に下回る検出限界に近い値に。昨年は風評被害や買い控えから価格が落ち込んだが、今年は出荷が先行するモモやナシも例年並みに落ち着いてきた。

 経営する油井(ゆい)茂さん(55)は「生産の現場では、『安心して買ってもらえるのか』とまだまだ不安がある。徹底した検査と安全性の情報を発信して、おいしい物を作っていくしかない」と話した。【森田剛史】