色とりどりの七夕飾りを楽しむ人たち(6日午前、仙台市で)

 約3000本の七夕飾りが仙台市の商店街を彩る「仙台七夕まつり」が6日、開幕した。

 「願い・希望・感謝」をテーマにした今年は、被災地支援への感謝や復興の願いを込めた短冊が多く、「ボランティアや自衛隊のみなさん ありがとうございました」「みんなが笑顔になりますように」などの文字が風に揺れていた。8日までの3日間、210万人の人出が予想されている。