仮設住宅で生活する被災者の前で披露された「秋田竿燈」=福島市で2012年6月3日、竹内幹撮影

 東京電力福島第1原発事故の避難者が暮らす福島市内の仮設住宅に3日、秋田市の「竿燈(かんとう)まつり」の一行が慰問に訪れた。避難者たちは「すごい迫力」と歓声を上げた。