東京都が発表した大地震発生時の「地域危険度」マップが注目を集めている。都内5133地点を対象に、震度5〜7に襲われた際の建物倒壊や火災の危険性を調査したもので、総合危険度上位100地点では足立、荒川など区部東部のリスクが際立った。気をつけなくてはならないのは、これを怖がるのではなく、「もしも」のときにどう生かすかだ。防災のプロに大地震を生き延びる心構えを聞いた。

 地域危険度は都が約5年ごとに調査・公表し、今回で7回目。2011年3月の東日本大震災以降では初の公表となる。

 建物倒壊や火災の危険度、道路の狭さなど災害時の消火・救助活動の困難さを加味した総合的な危険度を5段階で評価した。最も危険度の高い「5」の分類は全体の1・6%に当たる84カ所の町・丁目。足立、荒川、墨田区など東側の地域に危険度が偏っている。

 「地盤が弱い荒川や隅田川沿いの区部東部の下町地域は建物倒壊のリスクが高く、木造住宅も密集している。ひとたび火事が起きると大規模火災に発展しやすい」と都の防災担当者。