【北京・井出晋平】野中広務元官房長官は3日夜、北京で開いた記者会見で、日中国交正常化(1972年9月)の直後、正常化交渉にあたった当時の田中角栄首相から、沖縄県・尖閣諸島問題の棚上げを日中双方が確認したと聞いた、と明らかにした。野中氏は同日、中国共産党序列5位の劉雲山(りゅう・うんざん)政治局常務委員との会談でもその内容を伝えた。

 野中氏によると、田中首相が周恩来(しゅう・おんらい)中国首相(当時)との交渉で尖閣問題に言及した際、周首相は「今そこまで踏み込んで話をしたら、いつまで話し合わなくてはならないか分からない」と指摘。双方は「棚上げして、将来にわたってお互いに話をできる道を求めるまでは静かにやっていこう」と確認したという。