フラガールたち(右側)とフラダンスを踊る児童ら=広島県福山市の市立南小で2013年5月17日、目野創撮影  福島県いわき市のレジャー施設・スパリゾートハワイアンズのフラガール3人が17日、広島県福山市の市立南小を訪れ、児童たちと交流した。出前授業の一環で、県外の学校では初めて。  東日本大震災に負けない元気を伝えようと、数年かけ全国各地を巡回する。同小では3年生約60人にダンスのコツを伝授し、福島の小学生のビデオメッセージも上映した。  フラガールたちは、施設の休業中も復興を目指してイベントなどに出演。リーダーの大森梨江さんは「仲間と支え合い、また舞台に立てた。皆さんも仲間と目標に向けて頑張って」。【目野創】