福島第1原子力発電所の吉田昌郎前所長=福島第1原発で2011年11月(代表撮影)

 東京電力は30日、福島第1原発の吉田昌郎前所長が26日に脳出血で緊急手術を受けたと発表した。手術は成功し、意識はあり命に別条はないという。

 東電によると、吉田氏は昨年11月、食道がんのため入院。その後、入退院を繰り返していた。26日は自宅療養中で、外出先で不調を訴えて救急搬送された。東電は現在の病状について「詳しくは言えない」と話している。【奥山智己】