東日本大震災の犠牲者を追悼するため、銀閣寺の本堂で合唱を奉納する福島県立安積高校合唱団の生徒たち=29日午前、京都市左京区

 東日本大震災の犠牲者らを追悼しようと、福島県立安積高校合唱団(同県郡山市)の生徒が29日、京都市の銀閣寺を訪れ、合唱を奉納した。同校は全日本合唱コンクール全国大会で、2010年から2年連続金賞を受賞。本堂廊下に整列した男女計46人の生徒は庭園に立つ顧問の指揮で「とむらいのあとは」と「ふるさと」の2曲を合唱、静かに湧き上がる歌声が響いた。