憲法改正に関するアンケート結果

 毎日新聞は22日、参院選の全候補者アンケートを基に、当選者の回答を再集計した。憲法改正に「賛成」と回答した当選者は74%を占め、「反対」の19%を大きく上回った。また同日までに、非改選の参院議員にも憲法改正についてアンケートを実施した。非改選の参院議員でも改憲に「賛成」は75%で、「反対」は18%とほぼ同傾向だった。改憲勢力に扱われていない民主党と公明党内にも、改憲に賛成の議員が一定程度おり、内容次第では参院でも改憲に必要な3分の2の賛成を得る可能性があることが浮き彫りになった。

 当選者121人のうちアンケート回答者は117人で回収率97%。非改選の参院議員121人で回答したのは71人で回収率59%。