東京電力福島第1原発敷地内海側の観測用井戸から極めて高い値の放射性セシウムを含む地下水が検出された問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は10日の定例会見で「海洋汚染は大なり小なり続いていると思う」と述べた。規制委は同日、汚染源を特定し、対策や危険性を検討する作業部会の設置を決めた。

 一方、東電は高濃度のセシウムが付着した井戸周辺の土が水に混入していたのが原因とみている。田中委員長は海洋汚染の根拠として、「(同原発の港で)海水の放射性物質濃度が上昇していることは否定できない」と指摘した。