東通原発「活断層の可能性高い」  東北電力東通原発の敷地内断層を調べた調査団が出席した会合で発言する、原子力規制委の島崎邦彦委員長代理=18日午前、東京都港区  東北電力東通原発(青森県)の敷地内断層を調べた原子力規制委員会の現地調査団は18日、都内で会合を開き、敷地を南北に縦断する複数の断層について「13万~12万年前以降に活動した活断層の可能性が高い」との報告書案を示し、取りまとめに向けた議論を始めた。東通原発は現在運転停止中だが、東北電はさらなる断層調査や、耐震補強工事を求められる可能性があり、停止の長期化は避けられない見通しだ。