柏崎刈羽原発付近で現地調査する原子力規制委員会の石渡明委員(右から2人目)ら=30日午前、新潟県柏崎市

 原子力規制委員会は30日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で敷地内外にある断層の活動性を調べる現地調査を始めた。31日まで。前回2月の現地調査を受けて東電が行った追加調査結果を確認する。調査は運転再開を目指す東電が申請した6、7号機審査の一環との位置付け。

 焦点は原子炉建屋直下を走る断層の活動性。6、7号機を含む原子炉直下には複数の小断層があり、近くの大断層につられて動くと、真上の重要施設を損傷させる危険性が指摘されている。活動性が認められれば、規制基準を満たさず運転は再開できない。