台風26号による土砂崩れで住宅が倒壊し、男性の遺体が見つかった現場=19日午後4時35分ごろ、千葉県成田市成毛  台風26号による土砂崩れで倒壊した千葉県成田市成毛の住宅で行方不明となっていた住人の会社員佐久間忠さん(56)が19日午前、見つかった。約3時間後にがれきの中から搬出されたが、死亡が確認された。  千葉県警によると、佐久間さんは16日午前6時5分ごろ「裏山が崩れて家の中に泥が流れてきた」と通報後、連絡が取れなくなり、消防や警察が捜索していた。  中学時代の同級生という女性(56)は「バスケットボール部でリーダーシップがあり、女の子にも優しく話し掛けてくれた。なぜこの人が…」と涙を浮かべた。