東遊園地で行われた「1.17のつどい」には約1万4千人が訪れ、会場を埋め尽くした=17日午前5時58分、神戸市中央区(土井繁孝撮影)(写真:産経新聞)

 神戸市中央区の東遊園地。毎年、17日に被災者を追悼する「1・17のつどい」が行われている。今年は、発生時間の午前5時46分には例年の3倍にもなる過去最多の約1万4千人が集まり、一時は会場に入りきれない人が出た。

 会場では午前5時ごろから園内のガス灯「1・17希望の灯(あか)り」から分灯した火がろうそくに点火された。集まった人たちはそれぞれ、ろうそくのともった竹灯籠に両手を合わせ、亡くなった人たちに祈りをささげた。