完全人工光でレタスを栽培する千葉大学柏の葉キャンパスの植物工場。毎日2000株、1株100円前後で東京のレストランに卸している

植物工場とは、コンピューターで環境制御された室内で、LED照明などを使って野菜を栽培する施設のこと。これが今、被災地の農業復興や食の安全の切り札として注目されている。