試験操業で水揚げされたツブ貝=福島県相馬市の松川浦漁港で2012年6月14日、小出洋平撮影

 福島第1原発事故の影響で漁の自粛が続く福島県沖で14日、県漁連が魚介類3種の試験操業を始めた。出荷や販売を目指した出漁は1年3カ月ぶりで、検査で問題なければ市場向けの漁を再開する。

 相馬双葉漁協の漁船6隻が午前1時に相馬市の松川浦漁港を出港した。50キロ以上沖合の水深150メートル以上から、ヤナギダコ、ミズダコ、シライトマキバイ(ツブ貝)を取った。午後3時半過ぎから、相馬原釜地方卸売市場に計約660キロを水揚げし、放射性物質の検査をした。いずれも同日分は流通はさせない。