9月25日、パキスタン南西部で発生した地震で、地元当局者は死者が327人に上ったと明らかにした。写真は同国の沖合で海底が隆起してできた島(2013年 ロイター)

[クエッタ(パキスタン) 25日 ロイター] - パキスタン南西部で24日に発生したマグニチュード(M)7.7の地震で、地元当局者は25日、死者が327人に上ったと明らかにした。

バルチスタン州アワランの当局者は、「アワラン地区で285人の遺体を回収した」と説明。「隣接するケチ地区では、42人の遺体が見つかった」と語った。

今回の地震では、アラビア海に面したグワダルの沖合で海底が隆起して小さな島ができたという。