三陸沿岸道路「普代道路」、10月13日に全線が開通…岩手県内では初の復興道路

国交省三陸国道事務所がこれまで事業を進めてきた、三陸沿岸道路「普代道路」が、10月13日に開通、これで三陸沿岸道路全線が開通したことになり、岩手県内では初の復興道路となる。

三陸沿岸道路「普代道路」は、普代村内約4.2kmの自動車専用道路で、急カーブや幅員狭小区間の連続する現道を回避し、所要時間の短縮・走行安全性の向上、また宮古市〜久慈市間のアクセス性向上による地域間の連携強化が図れることが期待される復興道路だ。

また、高架構造により津波時も寸断しない強靱なネットワークで災害時における地域の孤立化を防ぎ、普代中学校付近には「津波避難階段」が整備され、大災害時における「命の道」としての機能も兼ね備えている。

《レスポンス 平泉翔》