東京都主要部の総合危険度ランク  東京都は17日、地震で建物の倒壊や火災が起きやすく、避難や救助などの活動が困難になる「総合危険度」を町(丁目)ごとに5段階にランク付けし、その図を公表した。特定の震源を設定せず、どの地域についても最大震度7クラスの揺れに襲われたと想定。5133地域のうち危険度が最も高い「ランク5」は84地域で▽足立▽荒川▽墨田−−の3区で6割以上を占め、「ランク4」は下町一帯、大田、品川、杉並、中野区などに広く分布。多摩地域は3以下だった。  都は総合危険度の評価を5年ごとに更新しており、東日本大震災後初となる今回(7回目)は2010〜12年の調査に基づいた。地盤の特徴と地域内の建物の構造などから「建物倒壊危険度」、建物密集度などから「火災危険度」を算出し、その合計で総合危険度をランク付け。倒壊危険度が高かったのは地盤が軟らかい隅田川沿いなど下町一帯、火災危険度が高いのは木造住宅が密集するJR山手線の外側一帯だった。  また震災を受けて液状化被害を多く見積もり、消防車などが通れる道路の整備状況も考慮。杉並、中野区周辺は道路整備の遅れでランクを上げ、道幅が広い台東区浅草周辺のランクは下げた。都都市整備局は「震源を想定していないので実際の被害とは異なるが、街づくりの参考にしてほしい」としている。