出荷が再開されたあんぽ柿をPRするフラガール=2日午前、福島県伊達市

 東京電力福島第1原発事故のため生産を自粛していた福島県特産の干し柿「あんぽ柿」の出荷が2日、3年ぶりに再開し、福島県伊達市で出荷式が行われた。

 福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」のフラガールも応援に駆け付け、工藤むつみさんは「とても甘くておいしいので、ぜひ食べてほしい」と笑顔で振る舞った。

 式では、再開のために開発された、柿をつぶさずに放射性物質の濃度を検査できる機械で安全を確認した。

 あんぽ柿は加工する過程で放射性セシウムが凝縮しやすいことから、生産を自粛。