全国から届いた励ましの贈り物を前に「すごくうれしい」と話す夏音さん=北海道湧別町で2013年4月7日、山田泰雄撮影

 3月初めに北海道で9人の命を奪った暴風雪から約1カ月。凍死した湧別町の漁業、岡田幹男さん(当時53歳)に猛吹雪の中で抱きかかえられ、一命を取り留めた長女夏音(なつね)さん(9)は8日、小学4年の始業式を迎える。町内の親類宅に身を寄せる夏音さんは毎日新聞の取材に「1カ月ぶりに友達と会うのが楽しみ」と話し、心配する周囲を励ますように快活に振る舞っている。始業式の後、自宅に戻って父に学校であったことを報告するつもりだ。【山田泰雄】