陸上設置型フラップゲートは浮力を利用して徐々に立ち上がった=20日午後、大阪市住之江区の日立造船本社(山田哲司撮影)(写真:産経新聞)

 津波などの際に浮力を利用して自動的に立ち上がる防潮壁の研究開発を共同で進めていた京都大と日立造船は20日、国内で初めて実用化した第1号機を日立造船本社(大阪市住之江区)で公開した。津波や高潮のほか、突発的な豪雨による地下街浸水の対策にも活用できるという。

 実用化したのは「陸上設置型フラップゲート」で、海沿いなどの陸上に寝かせた状態で設置。津波などが押し寄せると、浮力によって自動的に立ち上がり、浸水を防ぐ。電源を必要としないため、地震などで停電になっても手動で操作する必要がない。

 普段は車両が上を通行することが想定されるため、浮力を利用できる軽さだけでなく強度も求められるが、特殊なプラスチック素材を使うなどの工夫で実用化に成功した。高さ5メートル、幅10メートル程度まで製造が可能で、現在日立造船が複数の自治体や企業と受注に向けた交渉を進めている。