今度は旭日旗を標的に。反日暴走がとまらない韓国(写真:夕刊フジ)

 韓国が反日をめぐるトンデモ法の成立を画策している。陸上自衛隊が自衛隊旗として使うなどしている旭日旗を「日本帝国主義による侵略の象徴」などとし、全面使用禁止にする法律を作る動きが出ているのだ。違反者には懲役刑が科される可能性もあるという。日本ではなじみ深いものだけに、実現すれば混乱は避けられそうにないが…。

 韓国与党セヌリ党議員らは25日までに、旭日旗など「日本帝国主義を象徴するマークや服」の製作や公共の場所での使用を禁じ、違反者に1年以下の懲役刑か300万ウォン(約27万円)以下の罰金を科す内容の刑法改正案を国会に提出した。

 歴史問題をめぐる日本批判が収まらない韓国では、政治家は日本に強硬な態度を取る傾向を強めており、法案は可決、成立する可能性もある。

 旭日旗は戦前、日本の陸海軍が軍旗として使っていたため、数年前から「侵略の象徴」として韓国内で目の敵にされてきた経緯がある。