秋季例大祭に合わせ、安倍晋三首相が靖国神社に奉納した「真榊」(中央奥)=17日午前、東京・九段北の靖国神社(大西史朗撮影)(写真:産経新聞)

 安倍晋三首相は東京・九段北の靖国神社で17日に始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。同神社や首相周辺が明らかにした。首相は11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での日中首脳会談実現を目指しており、20日までの例大祭期間中の参拝は見送る。

 一方、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバー111人が17日、靖国神社に参拝した。自民党の新藤義孝前総務相や逢沢一郎衆院議院運営委員長、民主党の羽田雄一郎参院幹事長、次世代の党の平沼赳夫党首のほか、維新の党、みんなの党などの議員が参加。政府では小里泰弘環境副大臣と赤池誠章文部科学政務官、武藤容治総務政務官、岩井茂樹経済産業政務官も参拝した。

 衛藤晟一首相補佐官、古屋圭司自民党拉致問題対策本部長も個別に参拝した。