「ふたばワールド2013」で、直径1・5メートルの大鍋でつくられる千食分のすいとん=19日午前、福島県広野町

 東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされている福島県双葉郡8町村の住民が集まるイベント「ふたばワールド2013」が19日、福島県広野町で開かれた。

 双葉町民が多く避難している埼玉県加須市など、福島県内外から無料バスなどで集まり、久々の再会に抱き合う姿も。直径1・5メートルの大鍋ですいとん千食分をつくり無料で提供。

 富岡町からいわき市に避難している五十嵐厚子さん(63)は「友人らと会えた。楽しいね」と笑顔だった。

 交流イベントは1990年から99年まで行われ、14年ぶりに復活した。