神戸市中央区の東遊園地では、今年も追悼に訪れた市民らがともした鎮魂のろうそくで「1.17」の光の文字が浮かび上がった。(17日午前5時46分、神戸市中央区で)=尾崎孝撮影  6434人の命が奪われた阪神大震災は17日、発生から18年を迎えた。  兵庫県各地で追悼行事があり、神戸市中央区の東遊園地では「1・17」と形作られた約7000本の竹灯籠がともされた。  今春、高校生以下が阪神大震災後に生まれた世代となり、最大の被災地・神戸市では震災後に誕生、流入した市民が約4割を占めるようになった。