宮内庁は6日、インド公式訪問から帰国した天皇、皇后両陛下を羽田空港で出迎えた直後に倒れた故寛仁親王の長女彬子さま(31)が、搬送先の慶応大病院に入院されたと発表した。6日夜から13日まで予定していた米ハワイ・オアフ島への私的訪問は取りやめた。

 宮内庁によると、疲れなどによる一時的な血圧の低下が原因とみられる。意識は明瞭で血圧も正常に戻ったが、大事を取ったという。

 また宮内庁は彬子さまの妹、瑶子さま(30)も6日未明、胃腸炎の疑いで慶応大病院に入院したことを明らかにした。