政府は10日、韓国の李明博大統領が島根県の竹島を訪問した場合、抗議の意思を示すため、武藤正敏駐韓国大使の召還か一時帰国に踏み切る方向で検討に入った。外務省幹部が明らかにした。藤村修官房長官は10日の記者会見で、「極めて遺憾だ。韓国側の自制を強く求めたい」と抗議した。玄葉光一郎外相も記者団に対し「中止を強く求める。訪問すれば当然、日韓関係に大きな影響を与える。毅然と対応しないといけない」と強調。