いわゆる従軍慰安婦問題に関して事実を歪曲した捏造記事を書き、日本国と国民を賎しめ貶め、侵略野蛮国・韓国に媚を売るおぞましい売国奴、日本国民の敵、社会の裏切り者・元朝日新聞記者の植村隆が、あろうことか図々しくも横暴にも、植村の事実歪曲行為を批判した週刊文春の発行元・文芸春秋と西岡力東京基督教大教授に対して損害賠償や謝罪広告などを求めて提訴した。

いやしくも、自分も言論人の端くれとしての自覚とプライドのかけらでも保持するのなら、言論人と言論機関に対しては、言論を通じて雌雄を決するのが本筋だろうに、自分が貶め続けた国家権力の一端である司直の力にすがって他者を非難するとは、どこまで恥知らずの腐り切った人間か。

この性根の腐り切った売国奴を決して許すことは出来ない。文芸春秋と西岡力氏の健闘を切に希望する。