安倍首相の代理人として靖国神社を訪れた自民党の萩生田光一・総裁特別補佐=15日午前8時42分、東京・九段北  安倍晋三首相は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝せず、自民党の萩生田光一・総裁特別補佐を通じ、党総裁として私費で玉串料を奉納した。萩生田氏は首相から「国のために尊い犠牲となられた御英霊のみ霊に尊崇の念を持ち、謹んで哀悼の誠をささげてほしい。揺るぎない恒久平和をしっかりと誓ってほしい」と伝えられたと記者団に明かした。古屋圭司国家公安委員長と新藤義孝総務相、小泉進次郎復興政務官も参拝した。稲田朋美行政改革担当相も参拝を検討している。