身の問責決議の討論を聞く安倍晋三首相(奥)=国会内で2013年6月26日午後0時25分、梅村直承撮影

 第183通常国会は26日、150日間の会期を終えて閉会する。参院は26日午後の本会議で、生活、みどりの風、社民の3党が提出した安倍晋三首相への問責決議を賛成125、反対105の野党の賛成多数で可決した。自民、公明両党が提出した平田健二議長への不信任決議案は野党の反対多数で否決された。問責決議が可決されたことで、成立が固まっていた電力システム改革を進める電気事業法改正案など重要法案は一転、廃案になる見通しとなった。